17
9月

トンネル工事などに必須の土木工事保険。

工事保険の1つ トンネル工事などに必須の土木工事保険。 はコメントを受け付けていません。

工事保険の中の「土木工事保険」は、土木工事やトンネル工事に際して必要になる保険です。

工事のレベルが高度化している日本では、旧来の土木工事のやり方とは異なる方式の工事が多く取り入れられるようになりました。

現場作業員の中には、これらの工事に不慣れで、会社としても思いもよらないミスや事故につながっているケースが報告されるようになりました。

公共性が高くなるほど損害賠償の範囲や金額が巨大化していきますから、この土木工事保険などは元請け・下請け業者の別に関係なく必須の工事保険です。

埋め立て工事、土地造成工事、上下水道工事などはもちろん、道路・鉄道工事、地下掘削工事など幅広い領域をカバーしてくれます。

台風やゲリラ豪雨(集中豪雨)による土砂の崩壊は、近年の異常気象のあり方をみていると、いつ勃発してもおかしくないような様相を呈しています。

ゲリラ豪雨は河川の氾濫による土砂の流入も引き起こしますから、一度このような気象状況に陥れば、被害はさらに甚大化してしまうことが予想されます。

自然災害に近いこれらの被害について保障をしてくれるのが土木工事保険です。

この保険は、これらの被害補償と同時に、施工ミスや盗難についても保障してくれます。

ただし保険の対象表記の中には、「工事を施工するために必要となる工事で、工事完成後には撤去される電気配線などの工事(工事用仮設物)が原因で発生した事故・トラブルについては保険の対象にならない」など、いくつもの注意書きが添えられています。

工事保険は保証内容の前提が細かく入り組んでいてとても難解です。

本文よりもこのような注意書きや補足説明をしっかり読んで理解していきましょう。

Comments are closed.