8
11月

問われている事故のリスクマネージメント力。

建設工事保険の必要性 問われている事故のリスクマネージメント力。 はコメントを受け付けていません。

建築現場や土木などの工事現場で起きてしまう事故というのは、現場のプロであっても簡単に語り切れるものではないほど、想定外のことが起こるといいます。

元請け会社や下請け会社がどんなに緻密に管理を徹底させても、事故は思わぬところから発生し、瞬く間に被害を拡大させてしまいます。

しかも最近の工事現場は、ビルであれば複合化・高層化されていますから管理の領域はとてつもなく広く、公共の橋梁工事やトンネル工事であれば数十人の管理者が個別に管理しながらマネージメントの連携体制をつくるという規模にまで達します。

このような状況を考えれば、工事保険の存在なくして日本の建築土木業界の興隆はあり得ないと言っても過言ではないでしょう。

小規模・中規模のマンション建設でさえ、工期が圧縮され、予算は削減され、そのうえ現場の熟練工の不足が重なって、大変な状況にあるといいます。

このような現場の中では、いつどこで、どのような事故が発生してもおかしくありません。

生命保険や火災保険と同じように、もし建設工事保険という商品がなかったら、作業員や関係者は安心して働くことはできないでしょう。

海外旅行客の急増で宿泊施設の建設ラッシュがつづいています。

交通網や通信インフラの整備も急ピッチです。

世界規模のスポーツイベントが日本を拠点に開催されたり、東京オリンピックの開催が目前に迫ったりもしています。

建築土木業界の好況がつづくことは間違いありませんが、それと同時に工事保険を中心にしたリスクマネージメントのあり方も問われています。

工事現場の危険をいかに回避し、万一の際にはどう対処するかが問われています。

Comments are closed.